お金 からくり 雑学

知って得するお金の雑学『お金。ウラの裏の世界』その❶

投稿日:2019年3月17日 更新日:

スポンサーリンク


こんにちは髭13です。

書籍、『お金-ウラの裏の世界』よりお金にまつわる色々な社会のウラの裏の話を紹介してきいます。その職業に就いている人々には常識である事でも、知っていないと”そうなのか”と言う事だらけ。 どんな裏のウラなのか見てみましょう。今回は、「儲けのしくみ」その舞台裏 こんな「からくり」がある。

野球場のからくり 『儲けの知はこんなところにあった!?命名権ビジネス。

来る日が来てしまった!現役引退を発表したイチロー選手。

そのイチロー選手が、所属していた、シアトル・マリナーズの本拠地は「セーフコ・フィールド」と呼ばれています。

日本では、プロ野球の本拠地の名前は、「東京ドーム」や「京セラドーム」のようにそのスタジアムを所有し運営する企業名であることが多いが、「セーフコ・フィールド」を運営しているのは、地元の自治体だ。

「セーフコ」は、シアトルに本社のある保険持株会社で、球場運営とはまったく関係ない。契約料を払って球場名に使ってもらい宣伝効果を狙っているのです。

広告といえば、看板広告をイメージしますが、アメリカでは、球場の名前に企業命をつかい、その命名権が、ビジネスの対象となっている。

セーフコの場合、99年のオープンから20年間、総額4000万ドル(約49億円)の契約というがイチロー効果で、その名前は全米どころか日本まで届いている。

アメリカのプロスポーツでは、お馴染みとなっている「命名権ビジネス」は日本にも上陸していて、JリーグのFC東京、ヴェルディ東京の本拠地である「味の素スタジアム」もアメリカで盛んな命名権ビジネスを取り入れ新たなスポンサーを見つけている。

再放送のからくり 「出演者のギャラ」 はどうなる? 支払う?支払われない?

今年の初め、「マスカーレード・ホテル」が公開され、主演の木村拓哉さんが、番宣でいろんな番組に出演されてました。それと同時に、夕方の再放送枠で、ドラマHIRO、週末にも映画HIROなど、木村さんの出演作品のオンパレード。いつ見てもキムタクドラマは面白い。

最近の若い女性に、最近の面白いテレビドラマは?と聞くとけっこう古い物を答える事がある。それは、再放送をみて答えているのである。中身が濃くて、内容のいいドラマはいつ見ても人を魅きつけつける。

再放送のテレビドラマでも、出演者たちにギャラは支払われているのでしょうか?

規定によると、再放送では、テレビ局から最初の契約の10%前後のギャラが発生することになっている。

もっとも、最近のテレビドラマは、テレビ局ではなく、請け負った制作プロダクションがつく事が多い。その場合、2年間は、テレビ局に再放送の権利がある、2年以内なら、前述のようにテレビ局からしはらわれる。2年以上たつと、再放送の場合、そのフィルムは、テレビ局が買い取り、その後は、出演者には、制作プロダクションがからギャラが支払われる。

しかしながら、制作プロダクションが、払う場合、金額に明確な基準が決まっていない。決まっていない理由は、2年以上たつと、当時無名だった俳優が大物俳優になっていたり、逆に売れっこだったタレントが、落ちぶれていたりと言う事があるからだ。

特に、大物俳優に成長していれば、無名時代のギャラの、さらに10分の一では、納得出来ない。またプロダクションも今後のことを考えてはずむこともあるみたいだ。

やはり芸能界は人気稼業。人気があれば、ギャラは高く、下がればやすくなる。極めて単純かつドライな世界だ。

スポンサーリンク

耳鼻科のからくり 売上のカギは「花粉症」にあった!? 

少しづづ気温が上がり、連日のように花粉対策をとニュースで伝えられているこの季節。私は花粉に悩まされていないので大丈夫なのですが、花粉症で鼻をとってしまいたいとまで言わせるこの症状。とても気の毒でならないのですが。。。

その症状を少しでも軽くしたいと行く病院、ちょっと地味な存在でもある耳鼻咽喉科。

その耳鼻科の書き入れ時といいますと、、、そう書いただけで、鼻や目がムズムズしてくるのではないのでしょうか。

そう、「花粉症」の季節です。

花粉症の季節は、例年2月中旬から本格かし、4月末ごろまで続きます。この間、耳鼻咽喉科には花粉に悩まされている患者さんがたくさんやってきます。

ところが、耳鼻咽喉科のお医者さんたちは、その時期になってから今年は症状がひどくて儲かる!とか、今年は、患者さんが少ない!!と一喜一憂しているわけではないんですね。

前年の夏には、患者をすでに予測しているのです。

というのも、2月から4月にかけて飛ぶ花粉の量は、前年夏の気温が高いほど増えるからなんです。

花粉症の90%がスギ花粉と言われています。終戦後、山に大量の植林したスギが成長し、春先花粉を飛ばし猛威を振るっているのです。その花粉が、アレルギー体質の人々の鼻、目を刺激するのだが、実は、スギ花粉の量は前年の夏に左右されます。夏の気温が高いほど、花粉の量は増え、翌年の2月に大量に飛び始めるんです。

夏が猛暑なら、たくさんの人がプールや、海に出かける。そこで耳を傷めたたくさんの患者さんの治療しながら、翌年の2月の花粉症の患者がたくさんやってくるのを確信しているのである。

スポンサーリンク

テレビショッピングのからくり そんなに安くて膨大なCM料金、出演料の元はとれるの?

深夜に放送しているテレビショッピング。 ぼーっと見ているだけでも面白い。「この●●が、今回限定価格で、¥8900- さらにキャンペーン期間中に限り¥2000OFFの¥6900-でのご奉仕。」えっ!!!そんな値段なのと携帯片手に見てしまう始末。半分眠った頭で見ていると、とてもお得に見えてくる。

まてよ、冷静に考えてみるとなんで、そんなに安く価格で売れるのか、という疑問が湧いてくる。

例えば、通信販売なら、流通コスト、店舗費用、人件費、などを抑えて価格を抑えることはできることは考えれる。

ところがテレビショッピングの場合テレビのCM料金は決して安くはないはずだ。しかもその番組には、タレントさんも出演している。落ち目のタレントさんとはいえ、そのギャラはそれなりのコストになるはず。

そんなに経費をかけて、1万円以下の商品を利益ってでているの?と素人は考えるでしょう。

いえいえその裏にはしっかりと儲けがでるような仕組みがつくられているんです。

まず、今の不況下では、テレビCM自体が少なくなっています。その中深夜枠を大量に買い取ってくれるテレビショッピングは、料金的に非常に優遇されているんです。

通常の6~7割の料金に割引きされているみたいです。

さらに、テレビショッピングで紹介されている商品は、仕入れ値が極端に安い、9800円商品でも、1000円前後で生産されているものも少なくないのです。この不況の中切羽詰まった工場がすこしでも利益が出るならと引き受けているのです。

テレビショッピングで紹介された直後に電話をかけてみると、「ただ今、電話が混み合っております。」とアナウンスが流れることがある。

このメッセージは、およそ1000件の電話が集中すると流れるので、冷やかしを差し引いても、テレビショッピングが儲かっていることを示しているんですね。

まとめ

今回は4つのからくりを紹介しました。

Q、商店街の小さな布団屋さんは、どうやって儲けているのか。

答え 、その儲けのひとつですが、ホテルや旅館に布団のレンタルをしている。

これはバラエティ番組でみたのですが、このように僕自身もそうだったのかと、世の中知らない事ってたくさんありますね。まだまだあります裏のウラまた次回をお楽しみに。

スポンサーリンク

-お金, からくり, 雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

芸人ヒロシが怒りあらわに!?ツイッターを更新!?番組予告で「あの一発屋が大儲け」と紹介される!?

ヒロシさんがツイッターでキレている。 「あの一発屋が大儲け」という番組予告についてだ! そのへん詳しく見てみましょう。 目次1 芸人ヒロシが怒りあらわに!?ツイッターを更新!?その内容は?2 芸人ヒロ …

ついに老眼世代か【ハズキルーペ】CMにキムタクが!ギャラは?CM【動画】はいつ?

グランメゾン東京 面白いですね。 その主役のキムタク 復活の兆しが見えてきたのでは。 ハズキルーペのCMに、 そう、座っても壊れないあのCMです。 キムタクが内定!? その記事は。 目次1 ついに老眼 …

no image

書籍“一冊の手帳で夢は必ずかなう” 仕事効率のススメ後編。

こんにちは、髭13です。 後編の今回も、GMOグローバルメディアオンライン株式会社代表取締役社長 熊谷正寿さんの著書”一冊の手帳で夢は必ずかなう”を前編、後編と二回にわたりためになったことを交えながら …

no image

知って得するお金の雑学『お金。ウラの裏の世界』その❸

こんにちは髭13です。 書籍、『お金-ウラの裏の世界』よりお金にまつわる色々な社会のウラの裏の話を紹介してきいます。その職業に就いている人々には常識である事でも、知っていないと”そうなのか …

no image

知って得するお金の雑学『お金。ウラの裏の世界』その❹

目次1 保釈金のウラ  「金額」は誰がどう決める??2 鉄道自殺のウラ 死にぞこなうと”語るも悲惨な賠償責任”が一体いくら? 損害賠償1億円は都市伝説!?3 航空運賃のウラ  生きて帰る場合、死んで帰 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク